最新タイトル

影裏

影裏
綾野剛、松田龍平、筒井真理子さんなど実力派俳優陣の演技を堪能できる本格作品。間を存分に使い、大友啓史監督の高い演出力が冴え渡っていた。
ただ、真実の顔に迫る最もサスペンスな部分はラスト10分余り。丁寧に描いている印象ゆえ、私は飽きることなく観れたが、時間的には、そこまで随分引っ張ったなという印象も避け難く、裏の顔(=真の正体)という焦点一本に収斂し、観る者を必ず満足させられるかという点で若干リスクが高い気がする。それでも種明かしが短いのは、用意周到な計算とラストに至る監督の演出力と脚本の質の高さの裏返しでもあろう。
『るろうに剣心』、『3月のライオン』の大友啓史監督がメガホンを取り、第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマン・ミステリー。
監督の故郷・盛岡を舞台に、転勤で見知らぬ土地にやって来た主人公が、唯一心を許した友の突然の失踪に戸惑い、やがてそれまで知らなかった友の別の顔と向き合っていく姿を、切なくも抑制の利いた筆致で描き出していく。
転勤で岩手に移り住んだ今野(綾野剛)が出会った日浅(松田龍平)は、慣れない地でただ一人心を許せる存在となった。まるで遅れてやってきたような青春の日々に、言いようにない心地よさを感じていたが、ある日、日浅は突然姿を消してしまう。今野は日浅の父に捜索願を出すことを頼むが、なぜか断られてしまう。そして、これまで今野が見てきた彼とはまったく違う別の顔が見えてくる・・・。
制作年:2020年/制作国:日本/時間:134分
監督:大友啓史
出演:綾野剛、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、國村隼、永島暎子、安田顕、松田龍平
制作:榧野信治、藤田浩幸、中部嘉人、岩上敦宏、松田美由紀、安部順一
脚本:澤井香織
原作:沼田真佑
音楽:大友良英
【vod】【TSUTAYA】【動画】【mieruTV】【dmm】

【Hulu】【動画】【動画】 【FOD】 【unext】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】