最新タイトル

ダレン・シャン 若きバンパイアと奇怪なサーカス/CIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE’S ASSISTANT

いわゆる児童文学的なファンタジーで、フリークと呼ばれる普通ではない人々の世界が描かれるので、少しダーク気味な作品かと思いきや…軽い演出と展開で肩すかし気味。“バンパイア”と“バンパニーズ”という吸血鬼同士の主義による確執なるものも描かれるけど、それにしたってさんざん描かれてきた話と似たり寄ったりだし、新鮮味は薄い。

ダレン・シャン(クリス・マッソグリア)は、家族とともに郊外の町で暮らす16歳の少年。成績優秀で女の子にもモテモテ、何不自由ない生活を謳歌していた。ある日、親友のスティーブ(ジョシュ・ハッチャーソン)とともに、風変わりなサーカス一座“シルク・ド・フリーク”のショーを見に行く。ミスター・トール(渡辺謙)が団長を務めるシルク・ド・フリークは、他では目にすることが出来ないユニークなショーを披露。自在に髭を伸ばし、予知能力を持つマダム・トラスカ(サルマ・ハエック)、切断された体を再生できるコーマ・リズム(ジェーン・クラコウスキー)などなど…。中でも蜘蛛好きなダレンの興味を引いたのは、巨大毒蜘蛛マダム・オクタを操るラーデン・クレプスリー(ジョン・C・ライリー)だった。吸血鬼マニアのスティーブは、クレプスリーが吸血鬼であることに気付き、自分を吸血鬼にして欲しいと頼み込むが、すげなく却下。悪態をついて去って行く。一方、ダレンは楽屋裏で出会ったマダム・オクタを手にしたまま帰宅。翌日、マダム・オクタを学校に連れて行くと、スティーブが噛まれてしまう。
監督:ポール・ワイツ
出演:クリス・マッソグリア、ジョシュ・ハッチャーソン、パトリック・フュジット、サルマ・ハエック、渡辺謙、レイ・スティーヴンソン、サルマ・ハエック、ウィレム・デフォー
制作:サラ・ラドクリフ、ポール・ワイツ
脚本:ポール・ワイツ、ブライアン・ヘルゲランド
原作:ダレン・シャン
原題:CIRQUE DU FREAK:THE VAMPIRE’S ASSISTANT
制作年:2009年
制作国:アメリカ
時間:109分
【vod】【TSUTAYA】【動画】【mieruTV】【dmm】

【Hulu】【unext】【動画】【動画】 【FOD】 【オンデマンド動画】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【とれまが】