最新タイトル

チスル/JISEUL

監督にセンスと力を感じる。映像はモノクロと言うより暗闇と灰色の世界。韓国軍から隠れ、洞窟で身を潜めるチェジュ島の島民は意外とのんきで、それがまたなぜか映画にリアルさを与えている気がする。軍の悪行よりも。
1948年10月、「海岸線5kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無条件で射殺せよ」。突然、韓国軍から発表された布告文に島民たちは恐怖で右往左往する。噂に翻弄されて、ある者は山に逃げ込み、あるものは銃を取って抵抗しようとする。抵抗しながらも、島民は明日には全てが終わり、いつもの暮らしが始まるものと信じていた。
しかし、漢拏山(ハルラサン)の麓にある村を占拠した韓国軍は村人の虐殺を開始。家を焼き払い、女・子供を問わず人々を追い始める。
家に戻れないことを悟った人々は、洞窟に立て篭もり、生き延びようとする。
本作は韓国の祭事方式に乗っ取った散文的映画手法で描かれている。
監督:オ・ミヨル
出演:ヤン・ジョンウォン、イ・ギョンジュン、ソン・ミンチョル、ホン・サンピョ、ムン・ソクポン、パク・スンドン、カン・ヒ
脚本 オ・ミヨル
原題 Jiseul
制作年 2012年
制作国 韓国
時間 108分

【hulu】 【動画】 【動画】 【動画】 【UNEXT】 【GEO】
【ビデオパス】 【ブログランキング】 【dmm】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】
【動画】 【U-NEXT】 【TSUTAYA】