最新タイトル

砂上の法廷/THE WHOLE TRUTH

砂上の法廷
巨額の資産を持つ大物弁護士が自宅で殺害された。容疑者として逮捕されたのは、17歳の息子。拘留後、完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けたのは、敏腕弁護士ラムゼイ(キアヌ・リーヴス)。何も語ろうとしない被告人をよそに、開廷された裁判では多くの証人が少年の有罪を裏付ける証言を繰り広げていく。証言のわずかなほころびから、証人たちの「嘘」を見破るラムゼイ。有罪確定に見えた裁判の流れが変わり始めた矢先、被告人が沈黙を破り、衝撃の告白をはじめる。彼が語る言葉は、果たして真実なのか?そして、事件の真犯人は別に存在するのか?

演技してるのかなんとも言えないというか食えない雰囲気のキアヌリーブスを「真実の行方」と似てるな〜と思いながら見てたら途中で展開読めてしまった。ただそれだからダメってことではないのかなと。
母親の最後の切り替わり方を見ると、実は1番踊らされていたのは彼なのかなとか、あの嘘発見弁護士は真実を追求しないことではなく嘘に気づいて怒ったのかなとか、いろいろ読み方はできる気がする。
制作年:2015年
制作国:アメリカ
時間:94分
監督:コートニー・ハント
出演:キアヌ・リーヴス、レニー・ゼルウィガー、ググ・ンバータ=ロー、ガブリエル・バッソ、ジム・ベルーシ、ショーン・ブリジャース、ケネス・チョイ
脚本:ラファエル・ジャクソン
音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン
原題:THE WHOLE TRUTH
【TSUTAYA】 【mieruTV】 【dmm】 【動画】

【hulu】 【動画】 【動画】 【FOD】 【UNEXT】
【ブログランキング】 【AbemaTV】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】