最新タイトル

サラリーマン・バトル・ロワイアル/THE BELKO EXPERIMENT

サラリーマン・バトル・ロワイアル
突如ビルに閉じ込められ殺し合いをさせれるサラリーマンたちの闘いを描くサバイバルアクション。脚本・製作が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガンだからかガン監督作品の常連俳優が多数出演してるのも見所。
舞台は世界中に支部を持つアメリカの組織ベルコ・インダストリーズ。そのコロンビア支部である。
政府から金を貰って運営されており、南米のアメリカ企業にアメリカ人労働者の雇用を促すと言う謎の仕事をやっている。現地で雇うなら現地の人の方がどう考えてもいいだろ。
コロンビア支部は周りに何も存在しないような田舎にポツンと建っている巨大なビルで、出来てから1年ほど大した仕事もなく平和に働いている様子だ。
ただし、ここで働くには首の後ろ、延髄のあたりに発信器を埋め込む手術を受ける必要がある。
どんな職場だよ!と思うのだが、コロンビアでは誘拐が多発するためこの発信器によってこれまでも大事には至らず、すぐに発見出来るのだと説明してくれる。
すごい話である。つまり、普通に社員の誘拐自体は何度も起きているのだ。
そして誘拐そのものは防げないからとりあえず発信器で……と次善の策として採用されているものだ。
治安の悪い地域で働くには身体に発信器を埋め込んでおくのはもはや常識である。そんなバカな。
この一点だけでまずこの職場では働きたくない。そもそも発信器を埋めるにしても位置が危なすぎやしないか。
どうにも冒頭の説明から不審な点しか感じないのだが、もちろんこんなところは普通の会社ではない。
実はこのベルコ・インダストリーズとは、政府だか中二系の秘密組織だかの巨大な実験場だったのである!
突然、天井のスピーカーから声が響き、「社内にいる80人で殺し合うんやぞ!」と命令されるやいなや、ビルの全ての扉と窓が謎金属で出来た謎シャッターで完全防護!準備はオーケー!
日頃の社内の人間関係が影響する、サラリーマン・バトル・ロワイアルの始まりだ!
制作年:2017年
制作国:アメリカ、コロンビア
時間:88分
監督:グレッグ・マクリーン
出演:ジョン・ギャラガー・Jr、トニー・ゴールドウィン、アドリア・アルホナ、マイケル・ルーカー
制作:ピーター・サフラン、ジェームズ・ガン
脚本:ジェームズ・ガン
原題:THE BELKO EXPERIMENT
【vod】【TSUTAYA】【動画】【mieruTV】【dmm】

【Hulu】【動画】 【動画】 【FOD】 【unext】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】