最新タイトル

ノスタルジア/NOSTALGHIA

ノスタルジア
自殺したあるロシア人の音楽家の足跡を追って旅を続ける詩人の愛と苦悩を描く。
イタリア中部のトスカーナ地方。詩人のアンドレイ・ゴルチャコフは、通訳のエウジェニアと共にモスクワからこの地にやって来た。
目的は、18世紀にイタリアを放浪し故国に帰れば奴隷になると知りながら帰国し自殺したロシアの音楽家パヴェル・サスノフスキーの足跡を追うことだが、その旅ももう終わりに近づいていた。
アンドレイがこの古都シエナの村まで来たのは、マドンナ・デル・パルトの聖母画を見たかったためだが、彼は車に残りエウジェニアがひとり教会を訪れた。
ピエロ・デラ・フランチェスカが描いた出産の聖母像(イコン)に祈りを捧げる女たちとは対称的に、膝まずくことのできないエウジェニア。温泉で知られるバーニョ・ヴィニョーニの宿屋で、アルセニイ・タルコフスキーの詩集をイタリア語に訳して読んでいるというエウジェニアに、アンドレイは反論する・・・。
台詞も音楽も少なく緩急が無いが、絵画的な構図、スローモーションで撮影された映像、終始聴こえる環境音等がずっと見ていたいと思わせる心地良さを生み出していると思う。その他も様々な技巧が潜んでいるのだろうが素人にはわからない。環境音に関しては、水の音、足音、扉の音など日常から聴こえる音をある種の音楽として捉えているようだった。
静けさの中に滲み出る情感。アンドレイがホテルの部屋で眠りに落ちてしまうシーンでこれは映像詩だと確信した。あまりに美しい。
制作年:1983年
制作国:イタリア、ソ連
時間:126分
監督:アンドレイ・タルコフスキー
出演:オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ、デリア・ボッカルド
制作:レンツォ・ロッセリーニ
脚本:アンドレイ・タルコフスキー、トニーノ・グエッラ
原題:NOSTALGHIA
【vod】【TSUTAYA】【動画】【mieruTV】【dmm】

【hulu】【動画】 【動画】 【動画】 【FOD】 【unext】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】