最新タイトル

もうひとりのシェイクスピア

エリザベス王朝末期。第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアは、伯爵という立場のため自分の名前で戯曲を発表出来ずにいた。そこで彼は、ベン・ジョンソンという劇作家に代役をさせようとするが、ジョンソンが戸惑っている間に、彼の劇団の俳優ウィリアム・シェイクスピアが戯曲を発表してしまう。同じ頃宮廷では、エリザベス1世後の王位継承を巡って、政治的陰謀が渦巻いていた。次の英国王に最も近いとされていたのは、スコットランド王ジェームズ1世で、エリザベスの側近ウィリアム・セシルが彼を国王にすべく画策していた。一方、エドワードが庇護するサウサンプトン伯はエリザベスの隠し子と噂されるエセックス伯を後継者にすべくエドワードの支持を求めていた。エドワードは自ら書いた『ヘンリー5世』と『リチャード3世』をシェイクスピアの名前でプロパガンダ上演させ、セシルの悪政を憎む国民を扇動するが。 【Abema】【vod】【WATCHA】【動画】【dmm】

【hulu】【unext】【動画】【動画】【動画】【動画】【動画】【動画】 【FOD】 【動画】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【とれまが】