最新タイトル

ミッチェル家とマシンの反乱/Connected/The Mitchells vs. the Machines

ミッチェル家とマシンの反乱
手描き・3DCG・実写映像が合わさった映像が、家族や世代や社会の中にある様々なギャップと向き合っていく物語と完全に融合していて本当に面白かった!
すっごく新しいんだけど、ベースとなっているものは王道の(いわゆる古き良き)アメリカのファミリー映画になっていて、ちゃんと繋がってるんですよね。個人的に序盤はちょっとだけ退屈に感じるところもあったんだけど、ポスト・アポカリプスっぽい世界観になってからはもう名シーンの連続でしたね。『恋のマイアヒ』を聴きながら号泣したのは人生初かも。
テーマ、物語、アニメーション表現(あとは音楽とかも)が力を合わせて完璧な混沌を生み出すことに成功した傑作だと思いました。自分が映画に求めていた多様性ってこういうことなのかも知れない。
印象としては、クレヨンしんちゃんシリーズの映画のドタバタ劇が最も近い。
製作年:2020年/製作国:アメリカ/時間:113分
監督:マイケル・リアンダ
出演:オリヴィア・コールマン、アビ・ジェーコブソン、ダニー・マクブライド、マーヤ・ルドルフ、エリック・アンドレ
脚本:ジェフ・ロウ
原題:Connected/The Mitchells vs. the Machines
【Abema】【vod】【WATCHA】【動画】【dmm】

【hulu】【unext】【動画】【動画】 【FOD】 【動画】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【とれまが】