最新タイトル

グリーンブック/Green Book

グリーンブック
時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学だが、家族や周囲から愛されていた。
ある日、トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーの運転手として雇われる。まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。
粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立った。

人種差別が特に酷かったとされる60年代アメリカ南部を舞台に、白人がアホっぽく描かれ、黒人が上品に描かれます。この2人のキャラ設定とその対比だけでおのずとテーマに深みが出てくる、脚本が書かれる前の段階ですでにある程度のクオリティが約束されていた映画のように感じました。配役もどんぴしゃ。演技も抜群だと思います。
監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、ドン・スターク、セバスティアン・マニスカルコ、P・J・バーン、ブライアン・ステパネック、ニック・ヴァレロンガ
脚本:ニック・ヴァレロンガ、ピーター・ファレリー、ブライアン・クリー
原題:Green Book
製作年:2018年
製作国:アメリカ
時間:130分

【hulu】 【動画】 【動画】 【UNEXT】 【GEO】
【ビデオパス】 【ブログランキング】 【dmm】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】
【動画】 【U-NEXT】 【TSUTAYA】