最新タイトル

愛と哀しみの果て/OUT OF AFRICA

デンマークの裕福な家に育ったカレン(メリル・ストリープ)は、どこか遠くで暮らしてみたいという思いから、スウェーデンの男爵ブロル(クラウス・マリア・ブランダウアー)と結婚し、アフリカ・ケニアに移住する。2人はカレンの持参金を元手に牧場を経営するはずだったが、ブロルはカレンに断りもなくコーヒー栽培の農場を作ってしまう。おまけに自分は狩りに出かけたまま何日も家を空けるという状態で、結局、農場経営はカレン1人が奔走し、原住民たちとの交渉も彼女の仕事となった。そんなある日、ライオンに襲われそうになったカレンは、間一髪のところで冒険家デニス(ロバート・レッドフォード)に助けられる。彼女は次第に、自由奔放に生きるデニスに惹かれていくが・・・。

ロバート・レッドフォードとのラブストーリーよりも私はカレンの自然の美しいアフリカの地に残した業績やケニアの人達との強い信頼の方がストーリー的には素晴らしく印象に残りました。また、改めてこの時代のアフリカの人達と白人の階級の差を知り、勉強にもなりました。
監督:シドニー・ポラック
出演:メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、クラウス・マリア・ブランダウアー、マイケル・キッチン、マリック・ボーウェンズ、ジョセフ・シアカ、マイケル・ガフ、スザンナ・ハミルトン
制作年 1985年
制作国 アメリカ
時間 161分

【hulu】 【動画】 【動画】 【UNEXT】 【GEO】
【ビデオパス】 【ブログランキング】 【dmm】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】
【動画】 【U-NEXT】 【TSUTAYA】