最新タイトル

エンド・オブ・ステイツ/ANGEL HAS FALLEN

エンド・オブ・ステイツ
『エンド・オブ・ホワイトハウス』、『エンド・オブ・キングダム』に続く、ジェラルド・バトラー主演のアクション・シリーズ第3弾。『オーバードライヴ』の俊英リック・ローマン・ウォーがメガホンをとり、『トランスポーター』、『96時間』シリーズなどを手掛けたロバート・マーク・ケイメンが脚本を担当する。
かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでいた。
引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。
何者かが仕組んだ陰謀。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。
傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる―。
主人公は、家庭を持って娘の良きパパになれたからか無慈悲度は抑えられて丸くなってきた感じ。ラストの銃撃戦どっきどき。グレランもういらないもんねポイ→ハンドガンも弾ないからポイ→よっしゃ銃なんて捨ててかかってこいよ(ナイフはあるが)の展開、やっぱり最後はそうこなきゃでわっくわく。
監督:リック・ローマン・ウォー
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、パイパー・ペラーボ、ランス・レディック、ジェイダ・ピンケット=スミス、ティム・ブレイク・ネルソン、ニック・ノルティ、クリス・ブラウニング、ダニー・ヒューストン、マイケル・ランデス
脚本:カトリン・ベネディクト、クレイトン・ローテンベルガー
原題:Angel Has Fallen
製作年:2019年
製作国:アメリカ
時間:120分
【TSUTAYA】 【mieruTV】 【dmm】 【動画】

【hulu】 【動画】 【動画】 【FOD】 【UNEXT】
【ブログランキング】 【AbemaTV】 【FC2ランキング】 【dTV】 【とれまが】