日本映画,邦画た行,ヒューマンドラマ

前田敦子を素材にした、黒沢清がある種のバカンス、映画的なバカンスを実践したユニークな作品。
テレビ番組のリポーターを務める葉子は巨大な湖に棲む“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共に、かつてシルクロードの中心地として


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】

日本映画,邦画た行,ヒューマンドラマ

うちの家族は、私(妻・髙崎晴子)とツレ(夫・幹男)とイグアナのイグのちょっと変わった家族だ。ツレは仕事をバリバリこなし、毎朝お弁当まで作っちゃうスーパーサラリーマン(だった)。おまけに性格は超ポジティブ。
そんなツレ


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】

日本映画,邦画た行,アクション

幕末の京都。そこは尊皇攘夷を叫ぶ⻑州や薩摩脱藩志⼠が、新撰組や⾒廻り組と⾎で⾎を洗う抗争を繰り返していた。そんな中、⻑州を脱藩した清川多⼗郎は、かつての尊皇攘夷の夢もどこへやら、⽇々の糧を得るのが精⼀杯という⽣活を送っていた。居酒屋「 ...


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】

日本映画,邦画た行,ホラー

携帯電話が死のメロディーを鳴らす……。携帯電話を通じて広がる恐怖を描いたヒットJホラーシリーズ第3弾。
修学旅行で韓国へやってきた高校生のえみり。彼女は、ネットで知り合った韓国人男性と会うのを楽しみにしていたが、同時


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】

日本映画,邦画た行,ホラー

「遊ぼ。」 “死の予告電話”事件も遠い記憶となった1年後、保育士の奥寺杏子が“死の予告電話”の着信を受ける。杏子を救うために恋人の桜井尚人はルポライターの野添孝子と共に、死の着メロの謎を解くべく動き出し、その答えが台湾にあるらしいこと ...


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】

日本映画,邦画た行,ホラー

ある日、友人の携帯に届いた奇妙なメッセージ。そこには、その友人自身の声で身の毛もよだつような悲鳴が録音されていた。発信者の番号は友人本人の番号。着信時刻は3日後の時刻。数日後その友人は録音とまったく同じ悲鳴をあげて着信時刻に死んだ。同 ...


【ブログランキング】 【動画】 【TSUTAYA】 【Abema】