最新タイトル

STAND BY ME ドラえもん2

STAND BY ME ドラえもん2
「ドラえもん」史上初の3DCGアニメーションとして話題となった八木竜一監督×山崎貴脚本・共同監督コンビによる「STAND BY ME ドラえもん」の続編。原作の人気エピソード『おばあちゃんのおもいで』をベースに、のび太の結婚式当日に繰り広げられる感動の物語を描く。
ドラえもんとのび太が一緒にいるのが日常になった<現在>のある日、のび太は、亡くなったおばあちゃんとの大切な思い出の品のくまのぬいぐるみを見つける。おばあちゃんに会いたくなったのび太はタイムマシンで3歳だった<過去>へと出発すると、ひょんなことからおばあちゃんに見つかってしまう。「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」おばあちゃんの一言で、のび太とドラえもんは、今度は<未来>へと出発するが。
本作では、『おばあちゃんのおもいで』と『ぼくの生まれた日』を下敷きとしており、その2つのエピソードを繋ぐ形で『のび太の結婚前夜』の翌日、つまり結婚式当日が描かれ、ストーリーが再構築されている。
そのため、バック・トゥ・ザ・フューチャーばりに過去へ未来へと行き来する。
どちらのエピソードも名作との呼び声が高いため、そのまま3DCG化しても名作にしかなりえないのだが、本作ではさらに、“おばあちゃん”を使って考えうる最も泣けるオリジナル展開まで用意されている。「それはずるい…」と思わず言いたくなる展開にまんまと泣かされた。
これはもはや原作の時点で言えることなのだが、もう亡くなってしまったおばあちゃんにタイムマシンで会いに行くという展開がすでに禁忌に近い。
そんなの泣くに決まってるんだから。また、おばあちゃんのCGがウルトラキュートで愛おしさ増し増し。この点は原作に勝っていた。
製作年::2020年/製作国:日本/時間:96分
監督:八木竜一、山崎貴
声優:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、宮本信子、妻夫木聡、バカリズム、羽鳥慎一
脚本:山崎貴
原作:藤子・F・不二雄
音楽:佐藤直紀
【hulu】【Abema】【vod】【FOD】【動画】【dmm】

【hulu】【unext】【動画】【動画】 【WATCHA】 【動画】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【とれまが】