最新タイトル

クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
本作はクレヨンしんちゃん映画第28作目。いつの間にか長寿シリーズですね。
子どもに落書きを強制的に描かせて自分たちのエネルギー源にしようという搾取構造から始まって、脅威に対し、「皆で力を合わせよう」と言いつつアテにできないと知るやしんのすけを糾弾したりする大衆(ユウマ母の下りとかは日常的にみる光景。謝罪してるのがキツイね)とか、しっかりと描くことは描いている作品。
冒頭、パラシュートを背負いながら見上げる(見下ろす)“王国”は、全体像を映さないことで規模の大きさの想像を掻き立てられ、軽く圧倒された。ラストはそれが“落下”し、非常に絵になる。
久々にぶりぶりざえもんの活躍が描かれるということで、過去作のぶりぶりざえもんの行動を想起させる部分(『ヘンダーランドの大冒険』での裏切りギャグとか)もあり、特にクライマックスには『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』への返歌とも取れる見せ場がある。
ロードムービーとしてのシチュエーションを用意した割には、移動に伴う快感はあまり感じられなかったし、ゲストキャラクターの人数や配置が不思議なバランスで、ラストにおける“春日部市民”の描き方にも違和感があるが、クライマックスの景気の良さは好き。
製作年:2020年/製作国:日本/時間:103分
監督:京極尚彦
声優:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、林玉緒、一龍斎貞友、真柴摩利、佐藤智恵、神谷浩史、冨永みーな、伊藤静、黒沢ともよ、中田譲治、平田広明、玄田哲章、三ツ矢雄二、飛田展男、井上喜久子、小杉十郎太、諏訪部順一、能登麻美子、池田貴史、山田裕貴、りんごちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ
制作:シンエイ動画、テレビ朝日、ADKエモーションズ、双葉社
脚本:高田亮、京極尚彦
原作:臼井儀人
【Abema】【vod】【WATCHA】【動画】【dmm】

【hulu】【unext】【動画】【動画】 【FOD】 【動画】
【ブログランキング】 【Abema】 【FC2ランキング】 【とれまが】