New タイトル

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

「劇団、本谷有希子」の主催者で作家としても活躍する本谷有希子の大ヒット戯曲を、佐藤江梨子主演で映画化し、一触即発の人間関係を赤裸々かつブラック・ユーモアに描いた痛快エンターテイメント。自意識過剰な姉を佐藤江梨子が熱演、彼女に怯える妹を佐津川愛美が好演している。監督は、長年CM界で活躍し、これが長編監督デビューの吉田大八。北陸の山間部の小さな村。両親の訃報を受け、東京から戻ってきた和合家の長女、澄伽。4年前に女優を目指して上京したものの、鳴かず飛ばず。それでも自意識過剰な澄伽は、それが自分の実力だとは露ほども思わず、妹の清深がしでかしたある事件が原因だと逆恨みしていた。そんな傲慢な勘違い女、澄伽の帰還に、清深は怯えながらもどこか冷めた目で姉を観察、次第に抑えていたある衝動を膨らませていく。一方、兄の宍道も、澄伽の傍若無人な振る舞いをおとなしく受け入れるばかり。宍道の妻で度を越したお人好しの待子は、そんな彼らの関係を不思議な思いで見つめていた・・・。

監督:吉田大八
出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、山本浩司、土佐信道、上田耕一、谷川昭一朗、吉本菜穂子、湯澤幸一郎、ノゾエ征爾、米村亮太朗、大原真理子、高橋睦美、永作博美、永瀬正敏
脚本 吉田大八
原作 本谷有希子
制作年 2007年
制作国 日本
時間 113分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】【動画】