11:14(じゅういちじじゅうよんぷん)

2003年に製作されたグレッグ・マルクス監督、ヒラリー・スワンク主演の映画である。
【ストーリー】午後11:14、携帯で話しながら深夜のハイウェイを走らせるジャック(ヘンリー・トーマス)は突然上から降って来た何かで車に衝撃を受ける。車を降りて確認するとそこには顔がつぶれた男らしき死体が転がっていった。隠ぺいしようと慌てて死体を自分の車に詰め込もうとしたその時、偶然中年女性のノーマ(バーバラ・ハーシー)の車が通りかかる。何とか鹿をはねてしまったことで話が終わりそうになった。そんなことが起こる少し前、ティーン・エイジャーのティム(スターク・サンズ)とマーク(コリン・ハンクス)とエディ(ベン・フォスター)らはふざけながらマークの車でのドライブを楽しんでいた。エディが酔っ払いながら調子に乗って窓から身を乗り出した瞬間、車は思い切り通行人と衝突。唖然とする3人は知らない男から発砲され、命からがらその場から逃げる。だが少しした時に、パニックになりながらエディは自分の大切なものを落としてきたと言い始める。
監督 グレッグ・マルクス
出演 ヒラリー・スワンク、パトリック・スウェイジ、レイチェル・リー・クック、ヘンリー・トーマス、ブレイク・へロン
制作年 2003年
制作国 アメリカ
原題 11:14
脚本 グレッグ・マルクス
音楽 クリント・マンセル
時間 86分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】 【動画】