セインツ -約束の果て-/Ain’t Them Bodies Saints

「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレックと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが、離ればなれとなりながらも互いに求め合う犯罪者カップルを演じた哀切のクライム・ドラマ。共演に「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。監督はこれが長編2作目の新鋭デヴィッド・ロウリー。
【ストーリー】
1970年代のアメリカ合衆国テキサス。そこにボブとルースという1組のカップルがいた。2人は窃盗や強盗を繰り返しながら生きてきたが、ルースの妊娠を期に足を洗うことを決意する。だが、最後の仕事と決めた銀行強盗でミスを犯した2人は保安官に包囲され、銃撃戦へと発展してしまう。そこでルースの放った弾丸が若い保安官の肩に命中したことで銃撃戦はますます激しくなり、ついに2人は投降する。しかしその際、ボブは保安官を撃ったのはルースではなく自分だと証言し、彼女を庇って刑務所に収監されるのだった。
4年後、娘を出産したルースは共に慎ましく暮らしていた。そんなルースの元へ、あの日肩を撃たれた保安官のパトリックが現れ、ボブが刑務所を脱獄したことを告げる。実はパトリックはあれ以来陰ながらルースを見守っており、彼女に密かな恋心を抱いていたのだ。一方、ボブは過去に仲間を裏切り隠していた大金を手に、ルースとまだ見ぬ娘の元へと向かっていた。だが、それを知った組織のボスであるスケリットは、ボブの抹殺を部下に命じる。ボブとルースの親代わりだったスケリットにとって、ボブの裏切りと再びルースを危険にさらす行為は、絶対に許せなかったのだ。それぞれの想いが交差する中、ついに物語は悲劇的な結末を迎えてしまう。
監督:デビッド・ロウリー
出演:ルーニー・マーラ、ケイシー・アフレック、ベン・フォスター、キース・キャラダイン
制作年:2013年
制作国:アメリカ
原題:Ain’t Them Bodies Saints
制作:トビー・ハルブルックス、ジェームズ・M・ジョンストン
脚本:デビッド・ロウリー
収録時間:96分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】