New タイトル

誘拐の掟/A Walk Among the Tombstones

ローレンス・ブロックの“マット・スカダー”シリーズの一編『獣たちの墓』を「96時間」「フライト・ゲーム」のリーアム・ニーソン主演で映画化したハードボイルド・サスペンス。残忍な犯行を重ねる猟奇殺人鬼と落ちぶれた元刑事マット・スカダーの緊迫の攻防をスリリング描く。共演は「ザ・ゲスト」のダン・スティーヴンス。監督は「ルックアウト/見張り」のスコット・フランク。
【ストーリー】
1991年のニューヨーク。刑事のマット・スカダー(リーアム・ニーソン)が立ち寄ったバーに、男たちが入店する。男たちはバーテンダーを射殺し、バーを出て行く。すぐさま後を追ったマットは、銃撃戦の末、彼らを仕留める。しかし、マットが放った銃弾のひとつは、その場に居合わせた少女の命を奪ってしまう。マットは警官を辞職する。
1999年。無免許の探偵となったマットは、アルコール依存症の集会で麻薬中毒のピーター・クリスト(ボイド・ホルブルック)と知り合う。弟のケニー(ダン・スティーヴンス)を助けてほしいとピーターに頼まれたマットは、ケニーの元へ向かう。麻薬仲介人のケニーは妻を誘拐され、身代金を支払ったにもかかわらず妻を殺害されたのだという。ケニーは、誘拐犯を見つけ出してほしいとマットに依頼する。いったんは依頼を断るマットだったが、翌日、ケニーから事件の詳細を聞かされ、依頼を引き受けることにする。
図書館で類似の誘拐事件を調べていたマットは、路上少年のTJ(ブライアン・アストロ・ブラッドリー)と知り合う。住む場所を持たないTJは、助手としてマットの探偵業を手伝いはじめる。2人は、別の誘拐事件によって殺されたレイラ(ラウラ・ビルン)の遺体の一部が墓地で発見されていたことを突き止める。マットは、墓地の管理人のジョナス(オラフル・ダッリ・オラフソン)に話を聞きに行く。その後、レイラの婚約者だったルーベン(マーク・コンスエロス)のアパートメントを訪ねたマットは、向かいのアパートメントからジョナスが出てくるところを目撃する。マットは向かいのアパートメントの屋上へ行き、ルーベンとレイラの性交を収めた写真やジョナスの日記を見つける。帰宅したジョナスは、2人の男たちと組んでレイラを誘拐したとマットに告白したのち、屋上から飛び降りて命を絶った。
一人娘のルシア(ダニエル・ローズ・ラッセル)を誘拐された麻薬仲介人のユーリ(セバスチャン・ロッシェ)は、ケニーからの紹介で、マットに事件の解決を依頼する。それまでの事件の手口から、犯人たちには最初から人質を生かすつもりなどなく、要求を鵜呑みにしても意味がないと察していたマットは、身代金要求に対してあえて強気で応じ、身代金は生きているルシアと直接交換することを了承させた。マット、ケニー、ピーター、ユーリ、TJの5人は、銃と身代金を手に、夜の墓地へと向かう。誘拐犯のレイ(デヴィッド・ハーバー)とアルバート(アダム・デヴィッド・トンプソン)は身代金を受け取り、ルシアは生きて解放される。しかし、レイとアルバートは身代金の一部が偽札であることに気づき、マットたちと誘拐犯のあいだで銃撃戦が始まる。ピーターが命を落とし、レイとアルバートはヴァンで走り去る。
隠れ家に帰り着いたアルバートは、銃撃戦で手負いとなったレイを地下室で絞殺する。ヴァンの後部座席に忍び込んでいたTJは、隠れ家の所在地を携帯電話でマットたちに知らせる。マットとケニーは、地下室から上がってきたアルバートを手錠でパイプに繋いだ。アルバートを警察に突き出すか、それとも復讐を果たすかの判断をケニーに任せ、マットは外に出てTJをタクシーに乗せる。しかし考え直したマットが隠れ家に戻ると、ケニーは手錠を外したアルバートによって殺されていた。しばし格闘が繰り広げられたのち、マットはアルバートを射殺する。

監督 スコット・フランク
脚本 スコット・フランク
原作 ローレンス・ブロック
製作 ダニー・デビートマイケル・シャンバーグステイシー・シェアトビン・アームブラスト
出演者 リーアム・ニーソン ダン・スティーヴンス ブライアン・ブラッドリー ダニエル・ローズ・ラッセル ボイド・ホルブルック アダム・デビッド・トンプソン
原題 A Walk Among the Tombstones
製作年 2014年
製作国 アメリカ
時間 114分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】