スパイ・レジェンド/THE NOVEMBER MAN

ビル・グレンジャーのスパイ小説“ノヴェンバー・マン”シリーズを「007/ダイ・アナザー・デイ」「マンマ・ミーア!」のピアース・ブロスナン主演で映画化したサスペンス・アクション。共演は「007/慰めの報酬」「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ。監督は「世界最速のインディアン」「バンク・ジョブ」のロジャー・ドナルドソン。
【ストーリー】
かつてはCIAに所属するケースオフィサーで、「ノベンバー・マン」というコードネームを轟かせていたピーター・デヴェロー。彼は現在、スイスで静かな隠遁生活を送っていたが、過去に愛した元同僚のナタリアの命が危険に晒されているを知り、彼女を救出するためモスクワへと向かう。だが、ナタリアはデヴェローの目の前で無残にも殺害されてしまう。
ナタリアの殺害を命じたのはデヴェローがかつて所属していたCIAであり、しかも実行したエージェントは彼自らが教育したメイソンだった。後にデヴェローは、ナタリアが次のロシア大統領選挙の有力候補の汚職について調べていたことを知り、その汚職の相手が他ならないCIAだということも突き止める。10年前から行方不明になっているミラという女性が汚職に関する手掛かりを握っていると知ったデヴェローは、ミラと最後に交流があったソーシャルワーカーのアリスがいるセルビアへと向かうのだった。
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナン、オルガ・キュリレンコ、ルーク・ブレイシー
制作年:2014年
制作国:アメリカ
原題:THE NOVEMBER MAN
脚本:マイケル・フィンチ、カール・ガイダシェク
収録時間:108分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】