New タイトル

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜/About Time

2013年のイギリス、アメリカ合衆国合作によるSF恋愛映画。 過去にタイムトラベルができる主人公が、自分と家族の人生をよりよいものにしようとする。
【ストーリー】ティム・レイク(ドーナル・グリーソン)はイギリスのコーンウォールに住む若い青年である。父(ビル・ナイ)、母(リンゼイ・ダンカン(英語版))、いつも上の空の叔父デズモンド(リチャード・コーデリー(英語版))、自由奔放な妹キット・カット(キャサリン)(リディア・ウィルソン(英語版))と暮らす。21才になった時、父から一族の男にはタイムトラベルの能力があると言われる。ただし過去に訪れた場所に行く事しかできない。金や名声のために能力を使うなと忠告され、恋愛のために使おうとティムは思う。 その夏、キット・カットの友達のシャーロット(マーゴット・ロビー)が夏休みを過ごしに来る。ティムはすぐに恋に落ち、最後の日に告白する。シャーロットは最後の日まで待つべきではなかったと言い、もっと早く告白してくれていたら付き合ったかもしれないと言う。ティムは時間をさかのぼり、夏休みの途中でシャーロットに告白する。だがシャーロットは、最後の日まで待てばつきあう気になるかもしれないと言う。ティムはシャーロットにその気がない事を知り、時間旅行をしても気が変わることはないと悟る。
夏が過ぎ、ティムはロンドンに出て弁護士を目指す。父の知り合いで人間嫌いの脚本家ハリー(トム・ホランダー)の家に住む。暗闇を売り物にするレストランで出版社で働くアメリカ人女性のメアリー(レイチェル・マクアダムス)に出会う。二人はレストランの暗闇でいちゃつきあった後、メアリーが電話番号を教える。ティムが帰ると、俳優が山場でセリフを忘れたために劇の初演がうまくいかなかったハリーは落ち込んでいる。ティムは過去に戻って劇を成功させる。
ティムは携帯電話にメアリーの番号が入っていないことに気付く。ハリーを助けにタイムトラベルをしたため、メアリーと出会わない道を選んでしまったことを知る。メアリーがケイト・モスのファンであったことを思い出し、ケイト・モスの展示会に行ってメアリーと再会する。だがメアリーには恋人がいることを知り、二人が知り合ったパーティーのことを聞き出してその時と場所に戻り、二人が出会う前にメアリーを連れ出す。二人の仲は深まり、ティムはメアリーと一緒に暮らし始める。ティムはシャーロットと再会し、今度はシャーロットから誘われる。ティムは断り、メアリーを愛していることに気付き、プロポーズして受け入れられる。二人の間には娘ポージーが生まれる。だがキットは不運に見舞われ、恋愛も仕事も上手くいかずポージーの一歳の誕生日に酒酔い運転で事故を起こす。
公開日 2014年9月27日(日本)
監督 リチャード・カーティス
脚本 リチャード・カーティス

製作 ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
音楽 ニック・レアード=クロウズ
上映時間 124分
ジャンル ドラマ、ロマンス、ファンタジー
制作年 2013年
制作国 イギリス
原題 About Time

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】【動画】