New タイトル

サウルの息子/Saul fia

2015年のハンガリー映画。第二次世界大戦中のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を舞台に、ゾンダーコマンドの囚人であるハンガリー人の男サウルに起きる一日半の出来事を描く。
【ストーリー】1944年10月のある日、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所でゾンダーコマンドの一員として死体を処理していたユダヤ系ハンガリー人ウースランデル・サウル (ルーリグ・ゲーザ(ハンガリー語版)) は少年の死体を見つけ、それを自分の息子の遺体だと思い込む。少年はガス室に送られた後もまだ息をしていたため、解剖の対象に指定される。サウルは少年の体をユダヤ人の囚人医師ミクローシュ (ジョーテール・シャーンドル(ハンガリー語版)) に届けるよう命令されるが、彼に頼み込んで解剖が行われるのを阻止する。そしてサウルは自分の息子だという死体にユダヤ教に則った埋葬を施すため、ラビを探すことにする。
同じゾンダーコマンドの隊員アブラハム (モルナール・レヴェンテ(ハンガリー語版)) はカポ長(英語版)のビーデルマン (ウルス・レヒン(ドイツ語版)) に反乱計画に加わるよう打診するが、ビーデルマンは、収容所の惨状を写真に記録し、その写真を外に持ち出して助けを求める計画の方を支持する。サウルは撮影の援助を申し出ると、別の囚人とともにカメラの隠された小屋へ行くように指示される。サウルは、彼の友人ヤンクル (フリッツ・アッティラ) から別のゾンダーコマンド部隊に「背教者」と呼ばれるラビがいることを知る。サウルと他の囚人たちは小屋に向かい、サウルが小屋の錠前を直すふりをしている間に別の囚人が小屋の影で死体焼却の現場を撮影する。
その場に別のゾンダーコマンド部隊を乗せるためのトラックが到着し、サウルは部隊に紛れ込んで同乗する。トラックは付近の川辺に行き、囚人たちはそこで焼却された死体の灰を川に捨てるよう命令される。川辺でサウルは「背教者」を見つけるが、背教者はサウルを助けるのを拒否する。サウルがさらに迫ると、背教者は入水を試みる。サウルは背教者を救い、二人は親衛隊曹長ブッシュ (クリスティアン・ハルティンク(ドイツ語版)) の許に連行される。尋問の後、サウルは部隊に戻ることを許される一方、背教者は処刑される。
監督 ネメシュ・ラースロー
キャスト ルーリグ・ゲーザ モルナール・レべンテ ユルス・レチン トッド・シャルモン ジョーテール・シャーンドル
脚本 ネメシュ・ラースロー クララ・ロワイエ
撮影 エルデーイ・マーチャーシュ
音響 ザーニ・タマーシュ
美術 ライク・ラースロー
編集 マチェー・タポニエ
音楽 メリシュ・ラースロー
原題 Saul fia
製作年 2015年
製作国 ハンガリー

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】【動画】