ボーダーライン/Sicario

2015年にアメリカ合衆国で公開された犯罪映画。監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演はエミリー・ブラントが務める。 アリゾナ州チャンドラーで誘拐事件の容疑者宅に奇襲捜査が行われる。FBI捜査官のケイト・メイサーと彼女のチームは容疑者の一人を射殺し、家屋の壁の中から無数の誘拐被害者たちの死体を発見する。裏庭の物置に仕掛けられた爆弾により捜査官二人が犠牲となる。ケイトは上司の推薦により国防総省のマット・グレイヴァー率いるチームに加わり、誘拐事件の主犯とされる麻薬カルテルの親玉マニュエル・ディアスの捜査に参加することを決める。 エル・パソに移動したケイトは、マットのパートナーで所属不明のコロンビア人、アレハンドロに会う。ケイト、マット、アレハンドロは特殊部隊と共に国境を越えメキシコのシウダー・フアレス市に移動する。部隊はそこでカルテルの幹部でディアスの弟のギレルモを地元警察から引き取る。アメリカ本土へ帰還する途中の高速道路で、アレハンドロはカルテルの手下たちが自分たちを取り囲んでいることに気付き、ケイトに武器を準備するように助言する。カルテル構成員は道路の渋滞に乗じて襲撃を開始する。真っ先に車外に出たアレハンドロはアサルトライフルで複数の敵を瞬時に射殺する。事態に困惑するケイトだったが車内から拳銃で応戦する。部隊はエル・パソに帰還する。ケイトは今回の作戦の違法性についてマットに激しく抗議する。アレハンドロは水を使った拷問でギレルモからディアスの居住地を聞き出す。 アリゾナ州に戻ったマット、アレハンドロは、FBI捜査官であるケイトの権限を利用し国境警備隊が拘束したメキシコからの不法入国者たちをリクルートする。彼らから得た情報をもとに衛星写真から麻薬密輸のための地下トンネルの位置が特定される。マットの部隊は更に、ディアスの資金洗浄を行う女を銀行で逮捕し、ゴムバンドに束ねられた大量の紙幣を押収し、ディアスの口座を凍結する。ケイトは口座の金の流れを追えば正当にディアスの逮捕状を取ることが出来ると主張するが、マットはそれを否定する。アレハンドロ、マットの真の狙いはディアスではなく、彼を従える麻薬王ファウスト・アラルコンであると彼女に告げる。 ケイトはFBIの上官にマットの部隊が行っている超法規的捜査について報告し、助言を求める。しかし上官から、この捜査に対する協力要請は政府の上層から下されたものであり、合法・非合法のラインは変わるものだと告げられる。不満の募るケイトはパートナーのレジーとバーへ酒を飲みに出かける。そこでケイトはレジーの友人で地元警察官のテッドと会い、二人は彼女のアパートに帰りつく。テッドの持ち物から銀行で押収した札を束ねていたゴムバンドと同じものを発見したケイトは、テッドがカルテル側の汚職警官であることに気付く。彼女は拳銃を取ろうとするが、テッドが応戦し窮地に立たされる。そこにアレハンドロが現れテッドを拘束する。アレハンドロ、マットはテッドを尋問し、他の汚職警官の情報を聞き出す。ケイトは二人が自分を囮に利用していたことに気付く。
監督 ドゥニ・ビルヌーブ
製作 ベイジル・イバニク エドワード・L・マクドネル モリー・スミス サッド・ラッキンビル トレント・ラッキンビル
製作総指揮 ジョン・H・スターク エリカ・リー エレン・H・シュワルツ
脚本 テイラー・シェリダン
出演 エミリー・ブラント ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン ビクター・ガーバー ジョン・バーンサル ダニエル・カルーヤ
原題 Sicario
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間 121分

【ブログ村 映画動画】 【動画】
【動画】 【ビデオパス】 【無料動画】 【動画】